Kobuchizawa.Colour
ストーリー

by Kazuhito Ueki

Interior Colour Specialist & Design Consultant

初めまして、チーフデザイナーの植木一仁と申します。この度はkobuchizawacolour.comをご覧頂き誠にありがとうございます。今年2018年の夏に山梨県北杜市小淵沢町を拠点にスタートしたばかりのインテリアデザイン・スペシャリストコンサルティングサービス、初の個人事業として開業致しました。まず初めに、今までお世話になった皆様に深くお礼を申し上げます。そして小淵沢のNew Faceとして新人ではありますが、これから何卒宜しくお願い申し上げます。皆様のご期待に添えられるよう全力を尽くして一生懸命頑張って参ります。

 

このKobuchizawa.Colourストーリーでは少しづつ皆様へわたくしの体験談、ライフスタイルとインテリアをベースに語って参りたいと思っています。早速ですがまず初めにカラーのスペルがColorではなく、英国のスペルでColourになっているのにお気付きになられた方がいらっしゃると思います。わたくし1973年に埼玉県の浦和に次男として生まれ、高校卒業直後に渡英、23年間の英国生活を終え、2年前に日本へ帰国して参りました。なのでわたくしの英語はイギリス英語のスペルとなっております。小さな拘りでイギリスに長い間お世話になった感謝の気持ちとリスペクトを込め、敢えてアメリカ英語を基準とした日本でもクイーンズイングリッシュを使わせて頂いております。その反面、高校時代で止まってしまった日本語を45歳になって使っている、言わば浦島太郎、、、お恥ずかしい話ではありますが、皆様にわたくしの変な日本語にお付き合いして頂くこととなってしまいます。どうかお手柔らかにお願い申し上げます。

 

今回はご挨拶とお礼を皆様に申し上げ、次回から第一回目のKobuchizawa.Colourストーリーを書き始めて参ります。原点に戻り、1992年東京、羽田空港、人生の旅の始まりからお話をスタートしようと思います。一度に全てを書くと長すぎてしまうので、一口Bite Size、数回に分けてお伝えして行こうと思っております。お時間がある時に読んで頂けたら光栄です。

それではまた次回にお会いしましょう。

 

 

© 2018 Kobuchizawa. Colour

© 2018 Kobuchizawa. Colour